ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

製薬メーカー薬事関連職の採用動向

担当:康 本 【医薬
バイオチーム】

【得意分野】

業種 : 製薬メーカー

職種 : 研究職、臨床開発、薬事・CMC、安全性等

企業タイプ : 外資系製薬メーカー、国内大手製薬メーカー等

製薬業界の最新動向
2014年は、外資系製薬メーカーはもとより大手内資製薬メーカーでも、早期退職プランが実施されていることもあり、製薬業界は例年より多く転職マーケットに人材が流出しています。
その一方で、外資製薬メーカーの日本への参入も増えています。
開発薬事・CMC薬事・業態薬事等の求人数は堅調
新規の企業立ち上げや新製品上市のための、開発薬事・CMC薬事・業態薬事等の求人数は引きつづき堅調に推移しています。 また、これから参入を考えている外資系製薬メーカーから、CROへ委託するケースも多く、
CROでの薬事コンサル案件も需要が高い状況です。特に開発薬事やCMC薬事の場合、海外本社との連携や報告などで英語でのコミュニケーションは必須となり、
CTD作成、関係当局との交渉経験がある方は即戦力としても期待され、高く評価されています。
転職アドバイス
内資や外資製薬メーカーのいずれにおいても、英語力は必須となります。外資製薬メーカーの場合は前述の通りですが、内資製薬メーカーにおいても、海外での申請案件が増えてきていることも背景となり、読書きのみならず、英会話力も求められます。
開発薬事においては、臨床開発やプロジェクトマネジメントなど一連の開発の流れをお持ちの方、戦略立案や当局対応の経験がある方が、求められる傾向にあります。またCMC薬事においては、CTD作成(特にM1・2)の経験が重視されます。
転職はタイミングが重要
薬事は具体的にこれから申請を控えている案件も多いため、現職を退職するタイミングももちろん大切ですが、現職でこれから経験できるであろうプロジェクトや製品の可能性も検討した上で、慎重に転職活動をされることをお勧めいたします。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク