拡大するコンサルティングファーム業界の採用動向

IT(通信/ソフトウェア/SI/コンサルティング)

転職マーケット情報

拡大するコンサルティングファーム業界の採用動向



■コンサルティング業界は、採用の勢い衰えず、更に加速

ここ数年での日本経済の回復、ビジネススキームの「変革」、各業界のプレイヤー(主力企業)の交代など、ビジネス環境の変化に応じてコンサルティングファームのプロジェクトも増加しています。 単純なIT導入で終えるプロジェクトよりも各種経営、業務の課題解決とそれに紐づくITプロジェクトといった広く難解なテーマのプロジェクトが増加している傾向にあります。合わせて、業界全体が拡大傾向にあり、多くの企業では今後数年の間(3ヵ年計画や2020年まで)に向けての人員計画を立てており、いずれの企業も大幅な人員増強を計画しています。

写真 <コンサルティングファームが手がける案件事例>
・経営課題の解決
・海外進出支援
・M&A支援
・企業統合にともなうシステムの全刷新
・新規事業の戦略立案 ~ 実行支援
・人事制度改革、タレントマネジメントの導入
・CRM・SCMなどのオペレーション業務の改定
・Digital Marketingを活用した経営コンサルティング

■ IT経験・業務経験のニーズが広がる

現状、コンサルテーションを行う上で、「IT」「業務」「経営」が切っても切れない環境になってきています。
単純にITの導入、開発をしていただくのではなく経営課題、業務課題にそって適切なコンサルテーションを行うにあたり一部ITの導入を提案していくことになります。そのため各部門でそれぞれIT業界出身者、業務経験者のニーズが増えており、これまでコンサルタントは未経験だった方にもチャンスが広がっています。
特にIT業界経験者に関しては、これまでITを専業としていた事に疑問を感じている方、技術だけではなくビジネスの観点を取り入れたいと考えている方も多いかと思います。ITという付加価値を持ったうえで、コンサルティングファームの領域で戦略、業務コンサルタントとして活躍をされている方が多数いらっしゃいます。

■ロジカルな思考、情報収集や事前準備力が重要。

<コンサルティングファームで働く魅力>
コンサルティングファームは、企業の経営に深く関わる業務のため、クライアントからの要求レベルが高く、その解決のために必要なスキルも多種多様です。決して楽な業界ではありません。
しかし、企業の経営者や役員の方と仕事をすることで、経営視点を持つことができ、実践的なビジネスの力をつけることができるという点では大変やりがいの大きい仕事ともいえます。また職場内にも優秀な方が多く在籍しているため、刺激を受けることのできる環境も魅力のひとつでしょう。

<コンサルティングファームに進むために>
コンサルティングファームへの転職を考えるにあたり、仕事の性質上「様々な事象に対しての理由、理論立て」「情報収集や事前準備」が非常に大切な要素となります。
「条件が良さそう」、「ビジネススキルが身につきそう」、また、「憧れ」などで受ける方も多くいらっしゃいますが、その裏づけとなる「理由」が無い、または明確になっておらず漠然と考えている方も少なくありません。
現在の仕事の中でも作業としておこなうのではなく、なぜそのプロセスが必要なのか、良い改善策はないのか、などを日頃から常に考える癖をつけていくことが重要です。

現状の仕事に物足りなさを感じている方、10年後の自身の価値を高めたい方などには是非チャレンジしていただきたいと思います。

2015/04/08

無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

PickUp求人

ITコンサルタント (コンサルタント ~ シニアマネージャ)
大手 日系コンサルティングファーム年収500万円 - 1200万円

新規登録

採用企業情報


ページの先頭へ戻る