ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

アセットマネジメント業界の新たな傾向について

長谷川
担当:長谷川 【運用・
不動産金融チーム】

【得意分野】

業種 : アセットマネジメント

職種 : ファンドマネージャー、プロダクトマネジメント、セールス、クライアントサービスなど

企業タイプ : 外資系企業、日系大手企業

広がるアセットマネジメント会社の役割
昨今、金融機関のあり方としてスチュワードシップコードへの取り組みがキーワードとなっております。これは、金融機関の投資先企業への経営監視などのコーポレートガバナンスが不十分であったことがリーマンショック・金融危機を深刻化させたという反省に立ち、機関投資家のあるべき姿を規定したガイダンスです。
また、それに先立ち、2006年に 国連が責任ある 投資家の取るべき行動として、国連の責任投資原則(PRI・Principles for Responsible Investment)をアナン元事務総長が提唱したことにより、その一つの観点として機関投資家、アセットマネジメント会社の投資プロセスに ESG (Environmental・環境、Social・社会、Governance・ガバナンス)要員を取り組むことが推奨されております。
注目を集めるESG投資
ESG投資が広がりつつある背景としては、従来の社会的責任投資(SRI)が環境保護など社会的に責任を果たしている企業を応援しようという発想であったのに対し、ESG投資は環境、社会、企業統治を重視することで、財務諸表から見え難いリスクを排除。結果、持続的成長企業への投資が可能となり、長期的視点における運用益においても高いパフォーマンスを期待出来るという発想があります。この点においては、製品の環境負荷に関する不正や施工データの改ざん、不適切会計問題のあった企業などの株価を見れば明らかだと思います。
ESG投資の今後と採用の機会について
侵数年前に欧州大手アセットマネジメント会社がサステナビリティ投資専門会社を買収。 同社は国際連合責任投資原則において、高格付けを得ており、受託資産拡充に大きく寄与しております。
また 上場企業はこのESG投資会社から 高格付けを得るべく、これらの視点を踏まえたマネジメントを行うモチベーションになっており、外部不経済の内部化という好循環をもたらしております。
 このようにアセットマネジメント会社におけるESG投資は注目を浴びておりますが、残念ながらESG投資に関した人材採用のニーズは未だ少ない状況です。  
昨今の例としては、大手アセットマネジメント会社でESG投資に関するリサーチや議決権行使業務、サステナビリティファンドのマーケターなどがございます。
 今後、ESGをキーワードにしたファンドが増えれば、商品企画やコーポレートガバナンスの視点でのリサーチ、海外のESGファンドのプロダクトマネジメントなどのオポチュニティが期待出来ます。  
これらの機会はアセットマネジメント会社出身者だけでなく、銀行、証券、保険会社などの他金融機関出身者やコンサルティングファーム出身者の採用にもつながると認識しております。            
ESGに関連したオポチュニティが発生しましたら、適時情報発信をさせて頂きます。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク