ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

監査法人・コンサルティングファームにおける財務報告アドバイザリーの採用について

上市
担当:上市 【ファンド・
コンサルティング業界】

【得意分野】

業種 : 監査法人、コンサルティングファーム、シンクタンク

職種 : 財務報告アドバイザリー

企業タイプ : 大手監査法人、日系・外資コンサルティングファーム、シンクタンク

会計、財務関連職種のニーズが増加
今や、日本企業が事業を拡大するために欠かせないのがグローバルマーケットへの展開。
企業は国内外の市場や投資家から、今まで以上に透明性ある経営管理体制の構築が求められています。そのため、より論理的かつ客観的な会計業務の必要性が高まっており、国内だけでなくグローバルマーケットのビジネス環境に即した様々な対応が必要となります。
米国会計基準および国際会計基準の導入や財務諸表の監査、国内外のM&Aや買収後の経営指導、現地の法的規制や税制などに関する情報の収集、プロジェクトに関わるリスクマネジメントなど、海外進出を行うためには専門的かつ高度な知識と情報やネットワークを駆使した綿密な準備を欠かすことはできません。
それらを解決するべく、豊富な知識・ノウハウによってグローバルな会計・財務報告に精通した監査法人やコンサルティングファームでのアドバイザリー職種への注目が高まっており、採用ニーズが増加しております。
ポジションニーズの動向
上記背景より、監査法人・コンサルティングファームでは、財務報告アドバイザリーの採用ボリュームが多く、年間で数十名の採用を行っております。クライアントは金融機関、非金融機関と幅広い領域を担当しています。
 対象者には会計の専門知識が求められますが、求められるニーズは若手層とシニア層で異なってまいります。  
若手層では経験がある方はもちろん、これから会計の専門知識を学ぼうと考えている方も対象となっており、ポテンシャル採用も行われています。  
シニア層であれば、会計士の資格・ご経験に加えてプロジェクト全体を管理するマネジメント能力、案件獲得力なども求められます。また、最近の傾向としてクロスボーダーIPOや海外買収先企業の財務管理、トレジャリーなどの需要も高まっており、それらのご経験も一つのKeyとして採用責任者に直接ご相談させて頂き、新規ポジションでの採用に結びつくこともあります。
転職のアドバイス
監査法人への転職や、コンサルティングファームにおける財務報告アドバイザリー職は会計士有資格者でなければ転職できないと考える方が多いですが、若手であればUSCPA科目合格者、またこれから会計を学ぼうと考えている方も対象となり、実務を通して会計士としての専門家を目指して頂くことが可能です。
マネージャー、シニアマネージャークラスでの採用も積極的に行われており、これまでに監査法人やコンサルティングファームでのご経験がある方の場合、ご経験を元にご紹介させていただくことが大変多くなっております。ビジネスレベルでの英語力も必要となるため、狭き門ではありますが、今までのご経験を活かして、専門家としてよりキャリアアップを目指すことができます。
 今後も高いニーズが想定される財務報告アドバイザリー職。各ファームの採用動向や、特色、また各企業毎に特化していくサービスラインの情報を、部門責任者より常時情報収集し共有をさせて頂きます。  
皆様のさらなるキャリア構築に少しでもお力添えが出来ればと思っておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク