ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

2015年、証券業界の上半期採用実績

松岡
担当:松岡 【証券
業界】

【得意分野】

業種 : 証券業界

職種 : 投資銀行、グローバルマーケッツ、リスク管理、Audit・コンプライアンス

企業タイプ : 日系証券会社、外資系証券会社

上半期の採用実績
2013年からのマーケット環境と合わせて、採用においては積極的な企業が多い状況でした。ポジションレンジとしては、ジュニアクラスのアナリスト、アソシエイト募集も多くございますが、戦略上、ディレクタークラス以上のポジション募集も多々ありました。採用部門に関しては、各社、戦略・状況に応じ濃淡はありますが、全体的にはどの部門においても採用を行っている環境です。その中でも、グローバルマーケット部門、IBDの資本市場部門、リスク管理部門、データガバナンス関連部門は採用意欲が強いポジションであり、マーケット環境、時代を反映したポジション募集であったと思います。
以下は部門別の採用募集をしていたポジションになります。
【IBD部門】
・カバレッジバンカー
・ECM/DCM 資本市場業務
・M&Aアドバイザリー業務
・各種ソリューション業務
【グローバルマーケッツ部門】
・日本株機関投資家セールス
・セールストレーダー/エグゼキューショントレーダー
・プロップディーラー
・クオンツ業務
・債券セールス
・債券ディーラー
【ミドル・バック部門】
・各種リスク管理(マーケットリスク、クレジットリスク、オペリスク)
・Audit、コンプライアンス
・データガバナンス
・システム部門
・デリバティブ関連業務
【リテール部門】
・商品開発/商品(投信)ドキュメンテーション
・証券仲介業務
各社、人材売り手市場の中、採用できたポジションもあれば、ポジションによっては応募確保が難しく、引き続き募集中のポジションもございます。
下半期の採用動向
グローバルでのマーケット環境変化の不安要素はあるものの、ビジネスニーズへの対応、新規ビジネスの創出、大型の上場案件、オリンピック需要、各社中期経営計画から上半期同様に採用活動は積極的に行っていく状況です。
上半期からの継続ポジション、下半期の新規ポジションも募集が出てきている状況です。年末にかけて多くポジション募集も出てくると思われます。
転職者へのアドバイス
採用ニーズが強い中、企業の求める応募要件も様々です。応募要件だけではなく募集背景も様々になります。弊社は人事部だけではなく、部門長とも深いリレーションを構築し、採用のサポートをしております。ご相談ベースでも構いませんので、ご転職お考えの際には、お気軽にご相談下さい。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク