ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職マーケット情報

石油業界、上流部門(アップストリーム)の転職・採用動向

平本
担当:平 本 【エネルギー/
インフラ/プラント業界】

【得意分野】

業種 : 石油・ガス業界(アップストリーム:石油探鉱、開発・生産)

職種 : エンジニア、プロジェクトファイナンス、事業開発、営業、等各部門における専門職・上級職

企業タイプ : 日系・外資系
詳しくはこちら

探鉱企業、開発・生産企業それぞれの採用傾向
石油・ガス業界では、3.11(東日本大震災)以降、ユーティリティ企業・商社系企業・外資系企業含め、多くのポジションで求人が増加傾向にあります。 石油開発事業は探鉱、開発・生産、精製・販売という3つの段階に大きく分けられますが、私の担当領域は主に、探鉱、開発・生産の上流部門(アップストリーム)です。 また、探鉱企業と開発・生産企業では、それぞれ採用動向は異なります。
[探鉱企業]
Geologist(地質)・油層の経験者を強く求めています。また、ファシリティ(施設)関係のポジションも継続して求人ニーズがあります。
[開発・生産企業]
すべてのポジションにおいて求人が増加傾向にあります。 主に、プロジェクトファイナンスとエンジニアの求人が増加しています。 特にエンジニアは、配管設計・回転機器・プロセス設計等をEPCコントラクターで経験されていた方の採用ニーズが高いです。
まずは、自身のキャリアの整理から
石油・ガス業界は、非常に特殊な技術・知識・経験を求められる業界です。 また、海外での仕事(海外駐在)で、多忙な日々を過ごされている方が多く、いざ転職活動となっても、情報収集を含め、充分な準備ができないというご意見をよく伺います。 「すぐに転職」という意向はなくとも、まずは今後のキャリアを整理していくところから、お手伝いさせて下さい。
転職アドバイス
石油・ガス業界では、なるべく近しい業界経験のある方(石油開発企業関連、 もしくは付随するメーカー技術者)が歓迎される傾向があります。 しかしながら、文系職(コマーシャル・プロジェクトファイナンス等)では、 銀行・コンサル業界・総合商社等、異業種からの採用ニーズもあります。
「現職に大きな不満はないけど、このままで良いのかな?」「どうせ転職するなら、次で最後にしたい」とお考えの方が多いのも、この業界ならではの特色だと思っております。
私たちは、皆さまが仕事を通じて何を得たいのか、もしくは何を改善したいのかなどのご志向を良くお聞きした上で、各企業のカルチャー・風土を加味して求人をご紹介いたします。
まずはキャリア相談やマーケットの情報交換をさせて頂ければ幸いです。

その他の関連記事

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク