円満退職マニュアル - 転職ノウハウ&ポイント -
外資系・海外転職は転職エージェント「JAC Recruitment」

円満退職 name=

「意中の企業から内定をいただいた!」
「納得できる転職先からオファーが出た!」

転職活動を通して最も嬉しい瞬間です。しかし、在職のままで転職活動を行っていらっしゃった方には、この後に最大にして最強のイベントが待っています。それが退職交渉です。ここでは、転職活動における最難関ともいえる退職交渉につきまして、よくある出来事や悩みについてピックアップし、これをいかに乗り越えていくのかということについてまとめました。ご一読いただきまして、みなさまの退職交渉を円満に完了できる一助となれば幸いです。

  1. 退職意思表明から実際の退社まで、どの程度の期間を考えていたらよいの?
  2. 退職意思表明の方法は?
  3. 退職願の書き方は?
  4. 引き止めに遭ったらどうしよう…?
  5. 退職の意思がぐらつきそうになった時、自分を勇気付ける言葉
  6. 最後に…

1. 退職意思表明から実際の退社まで、どの程度の期間を考えていたらよいの?

退職願を出してから実際に退社するまでの期間としては、民法上は「雇用期間に定めの無い場合は、退職申し入れから2週間して退職」ということになっています。
しかし、会社の就業規則などに「退職意思表明から1ヶ月後」等の取り決めがなされている場合は、こちらに従うことが社会常識上妥当と考えられます。

一方で、あなたの採用を決定した企業は、あなたが一日でも早く入社して欲しいと思っていることが当然多く、2ヶ月や3ヶ月後の入社ということは考えにくいのが現状です。従いまして、退職意思表明から1ヵ月後には次の会社に入社できることが妥当な線と言えるでしょう。

2. 退職意思表明の方法は?

どれほど嫌な思いをしている会社であっても、いきなり上司に退職願をたたきつけるということは社会人としてのマナーを失していると思われます。
まずは、直属の上司に「ご相談があるのですが・・・」という形で退職の意思を表明しましょう。勿論あっさりと受け入れていただけることはないと思われますが、その辺りについては別項目でお話します。

注意すべきポイントとしては、最初に退職意思を表明するのは上司にすべきであるということです。周囲の同僚等に相談したい気持ちはやまやまでしょうが、ぐっとこらえてください。この手の噂はあっと言う間に広がってしまうものです。情報が後から入ってきたことで上司が心情を害したばかりに、その後の退職手続きに予想外の負荷がかかってしまった方の話は、枚挙に暇がありません。
また、次に入社する企業名を問われることが多いとは思いますが、「時期が来たら話します」というスタンスで、決して公表しないようにしてください。

もうひとつ、相談を持ちかけるタイミングも非常に重要なポイントです。話の内容的に簡単に済ますことができるものではありませんし、上司の方にじっくりと落ち着いて話を聞いていただける環境を演出することが必要です。従って、忙しい時間帯や上司の方が難しい顔をしている時などは避けた方が無難です。
もし可能であれば、社外で二人で話ができる場を作ることも有効です(もちろん上司の方の都合を確かめてからですが・・・)。

3. 退職願の書き方は?

様々な押し引きの後で、上司の方があなたの退職を承諾されたら、日を置かずに退職願を書類作成し、上司に手渡しで提出しましょう。退職願に関しては、会社に規定のフォーマットがある場合はそちらに記入して提出することになりますが、特にそれらがない場合については自分で作成することになります。

書式等については特に神経質になる必要はありませんが、「白い便箋」に「黒のボールペン(お持ちなら万年筆)」で記載して「封筒(白無地などの無難なものにしましょう)」に入れて提出という形になります。

退職願

【ポイント】

  • 書き出しは、行の一番下から「私事」で始める
  • 退職理由は「一身上の都合により」でOK。本当の理由を書く必要はありません
  • 退職日は、上司との話し合いで了承された日を記載
  • 提出日も忘れずに記載
  • 自分の所属部署と名前、及び捺印を記載(この部分は、宛先より一字下げる)
  • 宛名は会社の代表者にする。敬称は「殿」
  • 退職願を入れる封筒は、表の中央に「退職願」、裏に「部署名及び氏名」を記載する

4. 引き止めに遭ったらどうしよう・・・?

先にも述べましたが、退職の意思を表明した後には、予想もつかないような展開が待っていることがあります。いわゆる「引き止め」といわれるものです。この引き止めに冷静に対処することが、実は転職活動の中では最も困難なことかも知れません。
あなたを「引き止める」ために用意されている言葉と、それらに対する考え方を紹介します。

【良くある引止めパターン1】

  • 「今のプロジェクトはどうするんだ」
  • 「辞めていく君はいいが後に残されたほかの人のことも考えて欲しい」
  • 「次の人が決まるまではいて欲しい」

自分しかできない仕事というのは、残念ながら自分が思うほどありません。会社の中ではあなたの代わりに仕事をやる人は必ず出てくるものですし、会社である以上、そうでなくてはいけないのです。
瞬間的には、あなたが抜けた穴は大きなものかも知れませんが、その穴は必ず埋まるのです。

また、そのアレンジをするのが上司の仕事なのです。もしかすると、上司は「自分の手間が増えること」を心配しているのかも知れません。あなたはこの穴を退職によって放置することになる等と考える必要はありませんし、自分の責任と考える必要はないのです。 あなたがやらなくてはいけないことは、あなたが辞めることによって開くであろう穴を最短の期間で埋めることができるように、辞めるまでの期間で業務等の引継ぎをしっかりやる事なのです。

【良くある引止めパターン2】

  • 「給与に不満があるなら昇給を考える」
  • 「仕事内容に不満があるなら、希望の仕事に就かせる」等、君の希望を考慮するから残って欲しい

優秀な人材を失うことは、どのような会社でも困るものです。そのため会社側は、今まで簡単に叶う事はなかったような条件や仕事内容を提示してなんとか引き止めようとしてきます。特に条件や仕事内容が大きな理由で転職を決断した場合、これらの言葉を上司の口から聞かされると非常に悩んでしまうものです。しかし、ここでは冷静に対応することが必要です。

正当な評価に基づいた昇給であれば喜びたいところですが、辞めて欲しくないという理由で一時的に給与が上がっても、その後の昇給が押さえられれば意味がなくなります。逆にこのようなことで給与が左右される会社ということは、また後々に給与面(評価面)への不満が出てくるケースが多いことも、残念ながら事実です。

同様に、辞められたくないのでという理由で提案された条件は、あなたへの公正な評価の結果ではないという事になりますので、後々何かがあるたびに「良くしてやったんだから・・・」という話になる可能性もあります。また、周囲の目にも「ゴネ得」に映り、別の意味で就業環境が悪くなる可能性もあります。

大切な事は、もともとその会社を辞めたいと思われた理由を再度確認して、その理由を根本的に解消するものでない限りは目先の提案に惑わされないようにすることです。会社から提案されて気持ちが舞い上がることなく、冷静な対応を意識しましょう。

【良くある引止めパターン3】

  • 「いったいどうしんたんだ。」「まぁ、一杯飲みに行こうや。」等、お世話になった上司や雲の上の部長や役員等から毎晩のように飲みに誘われる

やはりお世話になった上司からの慰留については、最も心を痛める場面です。また、これまで特に交流もなかった方が自分を引き止めてくれるということも非常に感動的ではあります。

この場合は、お世話になった上司には申し訳ないが、その上司の力を持ってしても自分の希望する人生を歩むことができないと決断するに至った経緯などを真摯にお話するしかないでしょう。

例えば、「同じ会社で働かなくとも、共により高いステージで再度パートナーとして仕事ができるように頑張ります」という気持ちを伝えることもできるのではないでしょうか。

ここでのご縁がなくなることで、一生お世話になった方に恩返しができなくなるわけではないのですから、「一緒に働いて頑張っていきたいと思っていたが、できなかった理由」を納得していただきましょう。

人情派の上司には、必ず伝えることができるはずです。

5. 退職の意思がぐらつきそうになった時、自分を勇気付ける言葉

自分の意志がどれほど固くても、退職の意思を表明した途端に、その会社や同僚、上司、商品等が輝いて見えてくるものです。「本当に自分の選択は正しかったのか」「自分のわがままで周囲に多大な負担をかけて申し訳ない」「共に汗を流した仲間や、お世話になった上司を裏切ったのではないか」等々、様々な考えが思い起こされてきます。

しかし、ここで思い返していただきたいのは「何故転職を決意したのか」ということです。自分を苛む気持ちは非常によく分かりますが、転職を決意したあなた自身も非常に悩み、苦しんできた結果、次の新たな人生にチャレンジできる権利を手にしたのです。決して身勝手な振る舞いではないはずです。

退職の決意を揺るがす様々な場面で、あなたの決断を勇気付ける言葉と考え方を紹介します。

【決断を勇気付ける言葉と考え方】

  • 残念ながら自分の人生は自分で守らなくてはいけない。会社は決して守ってくれない
  • 転職先が決まった段階で、次の会社であなたを待っている人がいる
  • あなたの代わりは必ずいる。自分の穴は必ず埋まる。それが会社というもの
  • 退職を口にした時点で、既に「退職予備軍」のレッテルを貼られている

6. 最後に・・・

勤めていた会社を退職するということは、非常にパワーを必要とするものです。
思わぬ引き止めにあったり、思いがけない人から思いがけない高い評価をいただいていたり…。

これらを乗り越えるには、あなたの強い思いが必要になります。 「なぜあなたは転職を決断したのか、転職することで何を手に入れようと頑張ってきたのか。」 退職手続きを進めていくにあたっては、この転職活動の原点を再度じっくりと思い出してみましょう。

最後に、人のご縁はどこでどのようにつながっているかは分かりません。退職した会社の方と違う形でご縁があったり、時には以前の会社の方に助けてもらうこともあるかも知れません。 そのような意味でも、退職に関してはできるだけ円満に終わることができるように心がけ、「お互いに頑張りましょう」と笑顔で挨拶ができるようにしたいものです。

転職によって始まる新たなステージをスムーズにスタートすることができるよう、心からお祈りいたしております。


無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録


転職相談会


ページの先頭へ戻る