ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

面接でよく聞かれる8つの質問

面接時、どんな会社でも必ず聞かれる、よく聞かれる定番の質問があります。このような質問に対して準備をしておけるかどうかは、合否を分ける大きなポイントです。回答を丸暗記する必要はありませんが、すべての回答を自身のアピールに繋げられるよう備えておきましょう。

  • なぜ当社に応募したのですか?
    同じような企業、業務内容の求人が数ある中で、その会社を選んだ理由を明確に説明することで入社意欲をアピールできます。会社によって、扱う商品や得意な分野はそれぞれ異なるはずで、仕事の進め方、会社の雰囲気、待遇、すべてに個性が表れます。そこで注意することは、それら個性のうち自身が何を重視しているか、前職での経験がなぜその個性に適合するのかを、具体的に説明することです。漠然と「御社の商品に興味がある」「御社の経営方針に共感した」としか言えないのでは、企業研究も自己分析も不足していると判断されてしまいます。
  • 希望する職種を選んだ理由は何ですか?
    未経験者や経験の浅い応募者の場合、希望する職種への意欲と理解は採用の必須条件です。前職で培った経験や知識をベースにして、新たな職種の仕事をすることで実現される目標や成果を伝えると良いでしょう。ただし、「興味があった」「給料が良いから」などと具体性のない簡潔すぎる回答はNGです。あくまで自身の経験や意欲が企業にどんな利益を提供できるかを念頭において話すべきで、高い報酬はその結果に過ぎないことを理解してください。
  • 退職理由は何ですか?
    この質問で人事が知りたいのは、採用後、すぐに辞めてしまわずに長期間勤続できる人間なのかどうかです。上司への不満、人間関係のトラブル、待遇面への不満を口にするのは危険です。すべての条件で百点満点の企業が存在するはずはなく、「うちの会社も同じような理由で辞めてしまうのではないか?」と思わせた時点で、採用はかなり遠のきます。
    ポイントは、自身の長いキャリアの中で、この転職がどんな役割をもつか、長期的な視点から退職理由を分析すること。前向きな目標の中で、やむを得ない選択として、あるいはステップアップの必須条件として、転職という選択肢に至ったことを伝えましょう。
  • 他の会社を受けていますか?
    転職活動では類似の業種、職種、採用条件の企業に同時応募するのは当然のことですから「御社だけです」と嘘をつく必要はありません。ただし、人事担当者は入社意欲を確認することで、内定辞退されるリスクを回避したいと考えていることも事実です。ならば、「御社が第一志望と考えています」の一言は、たとえ本当の第一志望でなくても、言っておきたいところです。他の企業とは違う魅力を改めて考え、入社したい理由として伝えることで、さらなるアピールにもなるはずです。
  • 採用されたらいつから出社できますか?
    前職に在職中であれば、必ず聞かれる質問です。採用枠が多い求人の場合は比較的融通が利きやすいのですが、欠員補充を目的とした経験者採用の場合には、少しでも早い着任を企業側も求めているため注意が必要です。とはいえ、在職中にも関わらず「すぐにでも」などと安請け合いをしては、任された仕事を途中で放り出す責任感のない人間と思われるだけです。可能な限り早く着任する意志を伝えた上で、一定の引き継ぎ猶予をもらいたいのですが、と率直に相談してみましょう。
    失業中の応募者の場合は、「採用が決まり次第すぐに出社できる」ことを伝えた方が良いでしょう。「着任前にちょっと羽を伸ばして…」と甘い発想を見透かされると、仕事への姿勢を疑われ、マイナスの評価を与えてしまいます。
  • 前職の仕事内容を教えてください
    前職で携わった職務のうち、直近の「一押しキャリア」を中心に話すと良いでしょう。人事の狙いとしては、入社後に業務に活かせる経験、社会人としての成功体験、さらに自身の職務内容を他者に簡潔に伝える情報伝達能力を推し量るのが、この質問です。謙遜せず、経験したこと、錬磨の結果身につけた技術や能力について具体的に伝えましょう。「自信はありませんが」などというへりくだり表現や、「色々やりました、色々できます」などのあいまいな表現は避けてください。重要なのは、汎用できる経験、知識、適正をどこで、どのように、どのくらい身につけたかを伝えることです。
  • あなたの強みは何ですか?
    人気のある求人であれば、自身よりも優れた経歴や特徴をもった応募者が、相当数存在するはずです。この質問は、そういったライバルと比較して「あなたを採用するメリットはどんなところにあるのですか?」という問いです。「自己PRしてください」という質問も、この質問と同じような意味があります。
    大切なのは、入社後の業務にも応用が利くような成功体験を具体的に説明できること。特に、営業、接客、後輩指導、対人折衝、業務改善、情報の収集・分析などの経験は、転職市場で評価のされやすいエピソードです。決して「誰よりも意欲がある」「御社に得をさせる」など、あいまいな表現にはならないようにしてください。どんなアピールにも、具体性が常に必要です。
  • 最後に何か質問はありますか?
    人事側からの質疑応答が終了したとき、必ずと言って良いほど聞かれる質問です。給与の水準、残業の有無、中途入社の割合、入社後の担当業務、住宅手当の有無等、確認漏れがある場合はここで尋ねておいた方が良いでしょう。ただし、求人広告に載っているような内容や面接中に出た話題を繰り返したり、3つも4つも細かい条件を詰めて聞くのは控えた方が良いでしょう。 あくまで、採用条件は面接の場ではなく、内定の後に最終決定されるものだからです。また、条件を確認する際もただ聞くというだけでなく、「どんな条件も受け入れるが参考までに聞いておきたい」といった意欲をアピールする姿勢での質問を心がけましょう。
    それまでの質疑応答で、充分に言いたいことが伝えられていなかったと感じている場合、この質問を最後のチャンスと捉え自己アピールに努めるのもありですが、この質問に至るまでにおおよその評価は固まっているもの。しつこくならない程度に、入社したい意志を念押しするくらいに考えた方がスマートです。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク