ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

面接で気をつけたい10の基本マナー

下記は、マナーに関する10の失敗事例です。いずれも「自分は大丈夫」と思っていても、実際に面接の現場で非常に多く報告されている事例です。これらは事前に面接の練習をしておけば、余裕をもって対処できる問題でもあります。模擬面接や頭の中のシミュレーションを通して、成功のイメージを育てておきましょう。
また、時間ギリギリに面接室に駆け込んで、慌てて受け答えするのもつまらないミスのもとです。30分前には周辺のカフェに入り、ゆっくり対策を練るような心のゆとりが欲しいところです。

  • 遅刻する。しかも、約束の時間前に連絡を入れない。
  • 控え室で私語や私用電話をする。
  • 入退室時、ノック、一礼、あいさつができない。ドアを後ろ手に閉める。
  • 「どうぞ」とうながされる前に着席する。
  • 姿勢が悪い。
  • とっさに敬語ではなく友達口調で話してしまう。
  • 視線が泳いで面接官を直視できない。
  • 時計を気にする。
  • 手遊びや大げさすぎる身振り手振りをする。
  • 面接中や待ち時間に携帯電話が鳴ってしまう。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク