ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職の気になる疑問や不安に、Q&Aでお答えいたします。

Q.Is it possible to fully prepare for an interview?

A. No. While answers to standard interview questions can often be prepared in advance, firms/interviewers often differ in their techniques and interview styles.

The interview process usually consists of several stages, or at least involves meeting with several people in the firm, in the form of one on one interviews, either in person, over the phone or via teleconference. Other less common though practiced techniques include panel style, personality/character tests, skills or aptitude tests, submission of reports and presentations etc. HR interviewers tend to focus on general resume questions related to your academic and work background, while hiring and team members are usually more interested in your career, skills, whether you can do the job and whether they can work with you on a day to day basis and so on. For foreign capital companies that require English skills, expect at least one of the interviews to be conducted in English as a means to test proficiency in the language. It is therefore always important to have answers to potential interview questions well rehearsed in both Japanese and English. The best way to prepare for an interview is to know about the different types of interview techniques so you will know how to respond, be familiar with what is written on your resume and job description and more importantly to seek advice from your agent over an interview preparation session. You can never be 100% prepared for any interview, but you can always give yourself the best chance to do well by thoroughly preparing in advance.

Q.事前に、完璧に面接の準備をすることはできますか?

A. 完全にはできません。面接時の標準的な質問については事前に準備できますが、多くの場合、企業や面接官によって面接の内容やスタイルは異なります。

企業の面接プロセスは、通常いくつかの段階を踏んでいきます。少なくとも複数名と面接があり、その形式は一対一の対面だけでなく、電話やTV会議を使用する例もあります。他にもパネルディスカッション形式の面接や、性格や個性に関する適性検査、筆記試験、職業適性検査などがあり、レポートやプレゼンテーション書類の提出を求める企業もあります。
面接時、人事部の面接官は学歴や職歴など、履歴書に関する一般的な質問に焦点をあてがちですが、配属予定部署のメンバーは、それよりも応募者のキャリアやスキル、仕事への遂行能力、そして毎日一緒に働ける人材かどうかに興味を持っています。
また、英語を必須とする外資系企業では、語学力を試す手段として、少なくとも1回は英語面接があるでしょう。そのため、日本語と英語の両方で十分に予行練習をし、聞かれる可能性がある質問への回答を用意しておくことが重要です。
面接準備において最も効果的なのは、色々な面接の種類を知ることです。そうすれば、どのように回答をするべきか自ずと分かってくるでしょう。また自分の履歴書や職務経歴書に何が書いてあるか、ちゃんと把握しておくこと。そして、人材紹介会社で面接対策のアドバイスを受けることをお勧めします。
面接の準備を100%完全にすることは不可能ですが、前もって徹底的に準備すれば、成功へのチャンスとなります。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク