ログアウト

ログアウトしますか?

ログアウト

閉じる

転職の気になる疑問や不安に、Q&Aでお答えいたします。

Q.Do I need to read, write and speak English very well to succeed in a multinational work environment?

A. The short answer to this question is 'yes'.

The short answer to this question is 'yes'. The long answer is more complex and more revealing to the job seeker. When I discuss recruitment issues with senior executives of multinational companies I find that language skills are often given a low priority. Instead they prioritize specialist skills and experience, the applicant's approach to work and how the applicant will fit culturally. Once they have established that the applicant has what it takes to do the job the language issue is addressed. In fact, multinational companies are often prepared to compromise and hire an otherwise very suitable candidate whose language skills are clearly below expectations. The message here is that language skills are really only the tip of the iceberg, and that it is the right skills, experience and approach that ultimately determine if an applicant will succeed.

Q.国籍な環境で成功するには、英語の読み書きとスピーキングが優れていないといけませんか?

A. 簡単に言ってしまえば、答えは“イエス”です。

加えて言うなら、もう少し複雑です。採用に関してシニアエグゼクティブの方々の話を聞くと、大抵の場合、語学力の優先順位は高くありません。その代わり、スペシャリストとしてのスキルや経験、仕事へのアプローチの仕方や、職場文化に上手く適応できるかどうかを重要視しています。まずは応募者が仕事に必要となる資質を満たしているかどうか判断をし、語学力はそれからの話になります。

実際に多国籍企業は、多少条件を緩和して人材を採用することがよくあります。また、必要な語学力を満たしていなくとも、その仕事に適している方なら採用することもあります。応募者を採用するかどうかの最終決定をする際に、語学力は判断材料の1つに過ぎないということです。

あなたのスキルを活かせる求人&あなたと近しいスキルの方の
「転職成功の傾向」

はじめに、あなたが
スキルを活かしたい
「ご経験業種」
お選びください

まずは新規登録(無料)
求人詳細を知る・求人のオファーを受け取る

個人情報取り扱いおよびサービス利用規約 プライバシーマーク