中国語を活かして国際舞台で活躍したい - 転職事例集 -
外資系・海外転職は転職エージェント「JAC Recruitment」

転職事例集 転職のきっかけ、内定までの道のり、入社の決め手、無料転職サポートのメリットなど、転職を検討している方は参考にして下さい。

中国語を活かして国際舞台で活躍したい。初志貫徹で、希望の転職先を手に入れました。

K.K(男性/40代)

業種 職種
税理士法人 経理

商社

経理

母国語である中国語を活かせる新天地を探していた。

転職を考えたのは、もっと国際的な舞台で活躍したいと思ったからです。前職の税理士法人での仕事は、決算資料の作成や税務アドバイスなどの業務でした。そこでの仕事はやりがいのあるものでしたが、ひとつだけ不満がありました。それは業務の範囲が日本国内に限られていたことです。母国語である中国語を活かして国際舞台で活躍したいと思い日本に来た私にとって、それは大きな問題でした。このままここでの仕事を続けるか、それとも新天地で新たな可能性を見つけるのか…、悩みましたが、結局は当初の目標を貫くべく、新天地を目指して転職活動をすることにしたのです。

グローバルに活躍できる、希望通りの求人との出会い。

私の転職活動は、非常にスムーズに進み、思いのほか時間をかけずに転職先を見つけられました。ジェイ エイ シー リクルートメントのコンサルタントの方が、ピンポイントで希望に沿った求人を紹介してくれたのです。現在勤めている商社を転職先として決定したのは、中国をはじめとする海外にいくつものグループ会社を持っており、そこでなら海外関連業務ができると思ったからです。

転職を通して、真のグローバル人材になるための課題が見えてきた。

現職の商社では、望み通り、経理として国際業務に携わっています。もちろん中国語を活かしながら。その意味では、私の転職は成功でした。それに転職活動を通して、自身の課題も見えてきましたね。やはり世界を舞台にするのであれば、英語力は必要不可欠であることを身に染みて感じました。中国語と日本語だけでは、コミュニケーションに限界があるのです。これから転職をお考えの方にアドバイスをするとすれば、英語と専門性を磨くこと。この二つがなければ世界を相手にするのは難しいかもしれませんが、逆に言うと、この二つさえあれば、世界を舞台に活躍できると思います。

※事実をもとにしておりますが、プライバシー保護のため、個人が特定されないように内容を一部変更しています。

他の転職事例集

やりがいを求めて単身で中国へ渡る
O.N(男性/50代)
[業種]中堅ゼネコン→ガスプラント
[職種]安全管理→安全管理(中国勤務)
イギリスから日本へ転職 夫婦で転職を実現
K.O(男性/40代)
[業種]外資系製薬メーカー→日系メディカルメーカー
[職種]創薬→研究開発
海外MBA経験、語学力を活かせる職場への転職
U.A(女性/30代)
[業種]外資系証券会社→投資運用会社
[職種]ミドル・バックオフィス→オペレーションマネージャー

無料転職サポート

皆さまのご都合の良い時間に合わせ、コンサルタントが転職活動についてのご相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から、具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削など、様々な面であなたの転職の成功をサポートします。まずは JAC Recruitment の無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録


ページの先頭へ戻る