株式会社ファーストリテイリング 採用情報
外資系・海外求人は、転職エージェント「JAC Recruitment」

採用企業インタビューファーストリテイリングが目指す「情報製造小売業」とは - 株式会社ファーストリテイリング グループ上席執行役員 マーチャンダイジング(MD)担当 國井 圭浩 氏

※このインタビューは2018年7月に実施しました。

― 御社が目指す、「情報製造小売業」についてご説明をお願いします。

株式会社ファーストリテイリング グループ上席執行役員 マーチャンダイジング(MD)担当 國井 圭浩 氏
グループ上席執行役員 マーチャンダイジング(MD)担当
國井 圭浩 氏

成し遂げたいことは大きく2つあります。1つ目は、私たちが情報を軸として、お客様や工場とつながり、お客様がよりよい生活をおくるための商品やサービスをご提供することです。私たちには、お客様からのご要望が、店頭、メール、お電話といったさまざまなチャネルを通じて寄せられます。その情報を基にして新しいサービスや商品を作り、お客様にとって有益な情報と共にお届けしたいと考えています。もう1つは無駄なものを作らないということ。今までは単純に作ったものを売るという商売をしていましたが、今後はお客様に「求められるものだけ」を作ってお届けするという、プル型のビジネスに変えていきたいと思います。

― その事業をするために、御社の中ではどういった取り組みをされていますか?

まずは、時間の使い方を変えました。私たちは毎日頻繁に、テレビ会議システムなどを使って海外の社員と話をしたり、店舗に出向いて店長と会話をしたりして、彼らから直接、要望や課題、チャンスなどを聞き、良い事例はスピード感を持って横展開するようにしています。また、これまではマーケティング部、マーチャンダイジング(MD)部、生産部といった機能毎に組織を作って仕事をしていましたが、商品カテゴリー別に横串を通す組織に変更しました。例えば、メンズのアウターチームを作り、その中にマーケティングやMDの社員、デザイナーなどが所属します。組織を大きく変え、一緒に働きながら気付いた良い点はさらに伸ばし、悪い点は改善していくという毎日の基本動作を繰り返しています。

株式会社ファーストリテイリング  - グループ上席執行役員 マーチャンダイジング(MD)担当 國井 圭浩 氏

― 「商品カテゴリー別の組織」とのことですが、働き方はどのように変わったのでしょうか。

今までは典型的なバトンリレー型の仕事の進め方でした。それを、各部署が連動して、同時多発的に仕事をするやり方に改めました。バトンリレー型の進め方だと、自分の仕事が終わったら次の人にパスして終了ですが、この新しい進め方は、自分の役割はこれ、と線引きせず、役割の垣根を越え、常に一緒に協議して決めていきます。お客様のご要望に応える商品・サービスとは何かを、チームみなで徹底して追求・議論して決めていくという、ベンチャー企業の良いところを採用したいと思い、このような進め方に変えました。

― 明確に仕事のやり方を変更するのは大きなリスクが伴うと思います。なぜ、このタイミングで大きく舵を切ったのでしょうか?

時代の変遷に伴う、お客様の購買動向の変化が大きいです。2000年頃は、私たちのコンペティターというと、日本のブランドが多かったのですが、2001年に海外出店を始めたころから、私たちのコンペティターは海外のアパレルブランドになりました。また現在は、業界の枠を超え、アパレル以外の企業もコンペティターになりつつあります。これまでのやり方を踏襲するのでは、お客様に選ばれ続けません。デジタル技術の進歩、社会環境の変化を捉えて、自らチャレンジし変化し続ける必要があります。

― さまざまな取り組みをしているのですね。今後、グローバルナンバー1になるために他に取り組みたいことや課題はありますか。

新しいことに取り組むことも重要ですが、正しい標準業務を作り、それを徹底することが土台として必要です。そこに新しいテクノロジーを付け加え、より簡単にスピーディに正確な仕事に変えていくというアプローチです。新しいデジタル技術を使って販売計画を立て、世界中にあるパートナー工場で確実に生産する。工場における生産も更に効率化したいと考えています。また、デジタルのマーケティングツールを活用して、お客様のもっとも欲しい商品を、お客様が欲しいと思ったタイミングで情報と共にお届けすることで、より便利で快適で楽しい買い物環境を作っていきたいと思います。

― 國井様からみての社内の特徴や社風を教えてください。

私たちの会社の中には、職業的良心や正しさへのこだわりが文化として深く強く根付いていると考えています。その考え方は、「服を変え、常識を変え、世界を変えていく」というステートメントに表れています。より広い地域で、より多くの人に、良い服やサービスを届けて、よりよい生活をしていただきたいという思いで、日々業務に取り組んでいます。


― 中途採用するにあたって、重視するポイントは何でしょうか?

まず1つ目は「正義を貫く人」。正しさへのこだわりをもって、商品作りをしていただきたいと考えています。

2つ目は、「リーダーシップのある人」。どこの会社でも同じだと思いますが、商品経営の仕事では、社内外の多くのステークホルダーを束ねて正しい方向性を示す、正しい役割分担をする、正しく効率的に動かしていく必要があります。

3つ目は、「挑戦する人」。前例踏襲ではお客様は買ってくれません。常に商品を革新し続けなくてはなりません。以前から販売している商品であってもお客様が今まで気が付いていなかったベネフィットを、新たに情報として提供する必要があります。過去の成功に甘んじることなく、常に新しいことに挑戦していく気概が必要です。

4つ目は、「現場に足を運べる人」。ときにはご不満をいただくこともありますが、それを次につなげなければいけません。工場やデザイナーオフィス、店舗といった現場に足を運んで、生の情報をキャッチし、本質的な課題やチャンスを抽出して、解決につなげる必要があります。

5つ目は、「数字の感覚、センスがある人」。ビジネスの結果である数字を見て、お客様の状況を把握し、次の一手を打つ必要があります。

そして最後は、「情熱を持って、最後まで成し遂げる人」。MDという仕事は正解のない仕事です。たくさん失敗することもあります。失敗しても臆することなく、情熱を持ってもう一度立ち上がり、お客様が本当に欲しい商品は何かを追求し、成果を上げることにこだわっていただきたいです。

― 採用した社員をどのように育てていきたいですか?

まずは、ユニクロの店舗で、半年から1年ほど経験を積んだ後、本部で販売計画の立て方を身につけ、MDとしての土台をしっかり作っていきます。お客様とのタッチポイントであり、プロフィット・センターである店舗で、お客様がどんな購買体験をされているのか、どんなニーズや課題があるのかを体得することが、MDとしての強みにつながっていき、武器となります。
その後、MDとして、商品企画だけでなく、企画段階からマーケティング、売り方、販売計画を考えていただき、実行までリードしていただきます。将来的には、世界で活躍する商品経営者に成長することを期待します。

― ありがとうございます。最後に御社に興味をもっている求職者にメッセージをお願いします。

先ほど申し上げた「情報製造小売業」というのは、今までにない発想の新しい小売業です。これは、売る人と買う人、または作る人と着る人が一緒に商品を作るということです。なので、「今までにない新しい概念の服“LifeWear”を一緒に作りませんか。今までにない産業を一緒に興しましょう。そして、一緒に世界の頂上に登り、そこからの景色を見てみませんか?」と伝えたいですね。

この企業の求人を見る



無料転職サポート

ご都合の良い時間に合わせ、専任のコンサルタントが転職活動についての相談を承ります。キャリアプランについてのご質問から具体的な求人企業の社風や採用動向、応募書類の添削、面接対策など、様々な面であなたの転職をサポートします。まずはJAC Recruitmentの無料転職サポートにご登録ください。

新規登録
ONLINE REGISTERATION
[無料]転職サポートのお申し込み

新規登録


トップへ戻る